昭和40年代に生紬と命名し生み出した「弓削徳明氏の生紬」の追憶

※お写真はタップして頂くと大きくなります。

※お写真は参考としていくつかあげたものです。他の生紬も、見てみたいという方はお写真をお送りさせて頂きます。

付け下げ・付け下げ付け小紋・無地があります。

 

 

夏の着物として定着した「生紬」。着物をよく着られたり、興味のあるかたは、実際に持っていらしたり、耳にしたことのある名前だと思います。

 

弓削徳明氏の生紬の追憶

今回ご紹介するのは、

昭和44年ごろ、生紬と命名し、生紬を初めて世に送り出した弓削徳明氏が率いた着物メーカー小松屋のものです。

 

小松屋さんは、既に廃業されていて、今は、他のメーカーが「生紬」を商標登録されていらっしゃるので、「生紬」と呼べなくなるという切ない物語も

隠されています。

 

下の文は、当時の小松屋さんから、頂いた資料からの抜粋です。

 

******

生紬について

 

糸は、蚕が繭を作るときに最初に出す糸(繭のまわりにつく糸)を精練など加工をせずに、糸本来のまま織り上げています。

 

蚕が最初に出す糸は、、当時くず糸とされ、使用されずにいた糸です。

 

しかし、その独特の風合いに惹かれた会長は、昭和42年ごろから、試織し、昭和44年ごろに製品として完成させました。

 

その素朴な味わいや生成りの色、精錬されていない生糸の独特な風合いは、単衣や夏の着物として着用されることとなり、また、多くの類似品が出回るようになりました。

 

名前の由来は、「生紬」とあるように、生繭の糸(精練されていない糸)を使用ているところから、命名されています

 

*****

 

 

このころに作られていた生紬は、赤城地方にて、座繰りで糸を引き、新潟にて手織りで織られたものです。

 

そして、時代を経るごとに、風情が少しずつ変わってきています。

今は、もう、手織りであっても、国産繭からつくられたものではありません。

 

国産であることに、こだわっているわけではありません。

国産だから、高級だとか、そういうことではありません。

 

風合いや風情が、違うのです。

 

これまで、ずっと見てきているからこそ、その歴然とした違いが判ります。

こちらにて詳しくご紹介させて頂いてます→  )

そして、糸がちがうのですから、当然着心地が変わってくるのです。

 

小松屋さんの生紬を、何十年と愛用してくださってきた方のお言葉は、実に明確で正直です。

 

小松屋さんの生紬が二桁ない数反になりました。

当店は、展示会やイベントを行い、がんがん売るお店とは異なり、良いものを少しずつ、作り足しながら、必要な方に、必要なものだけをお見せする方法で、毎年、小松屋さんが廃業される寸前まで、少しずつ別注をして、染めてもらってきました。また、小松屋さんが廃業されたのちは、直接、機屋さんにまで足を運び、白生地の生紬も数点ながら、わけて頂きました。

 

当時の生紬の風情が大好きだったからです。そんなわけで、今も、数点ながら、国産繭、手織りの小松屋さんの生紬が残っています。

 

大事に隠しもっていても・・と思い、

少しずつ、こちらでもご紹介させて頂くことにしましたが、生紬としてはご紹介できない状況で。でも、生紬以外、何て呼べばいいのか・・。そんなわけで、弓削徳明氏の生紬の追憶。としてご紹介させていただきます。

 

詳しくはこちらをお読みいただけたらと思います。

→☆

 

お写真の着物のこと

付け下げ・生成色 文様「笠と蛙」

 

〇他にも、無地・無地に近い小紋などございます。

 

「小松屋さんの生紬」とお問い合わせくださいませ。

 

 

出来る限り丁寧にお写真などお送りさせて頂きたいと思います。

 

電話 0776-22-4124

お問い合わせメール こちら

昭和40年代に生紬と命名し生み出した「弓削徳明氏の生紬」の追憶

    ​ お電話する。

    0776-22-4124

    10時から18時まで。日曜定休。

    ​見つけて下さってありがとうございます。

    小さくても深いを目指す
    着物専門店です。
    職人さんのように専門的に
    ​着物のお手伝いをしたいと思っています。​
    ​ご連絡お待ちしています。
    ​呉服の佐々木

    福井県福井市大手3丁目12-20​​ホテルフジタ福井1F​

    ​呉服の佐々木