• 佐々木呉服

佐々木という専門店での振袖のお仕度はこんな風です。


序章 お嬢様と過ごす大切な時間になりますように。


第一章 振袖チェーン店とは違うこと

第二章 専門店でのお仕度は、着物を選ぶということだけじゃなく「見る眼」を育む時間

第三章 専門店だからできる細やかなこと

第4章 少しでも良いものを、買いたいと思うなら、「専門店」が「安心」で「お得」な理由

序章 お嬢様と過ごす大切な時間になりますように。

ご成人、心よりおめでとうございます。



これから、大切な節目を迎えられますこと、お祝い申し上げます。

ご準備をはじめようと思った、このときから、実は、心に残る成人式が始まっています。




振り袖とは、古来、巫女が袖を振り「降り舞い」を舞って神を呼んだ・・・とか。

そんな由来を知らなくてもどこか厳かな風情を、親や家族は感じているものです。

今この瞬間の初々しい美しさを最大限に引き出して残してあげたい。

そして、美しさの中には、どこか「厳かさ」が漂ってほしいと思うご家族が多いように感じます。


お嬢様は、そんなことを少し、頭に入れてほしいなあと思います。



お洋服とを選ぶときとは違う時間

振り袖は、お洋服とはちがい、お嬢様が、ご自身の思いで軽やかに決めていくというよりは、


ご家族皆さまで、お嬢様のお顔移りや、御意向を聞きながら、

一つ一つ、大切に、時間を積み重ねながら、

お仕度をすることになります。




たくさんある着物の中から、選んで、お会計をして終わり。あとは当日。という流れとは全く違ってきます。何度も足を運んでいただき、細かいところを確認しながら、お嬢様とご家族で決めていくことになります。

こんな時間の過ごし方って、ほかには思い浮かばないと思うのですが、とても素敵な時間を過ごすことになります。出来れば、ご両親、おじいちゃま、おばあちゃまの眼も頼ってほしいです。





振袖は、お嬢様の第一礼装ですから。



第一礼装とは


第一礼装というのは、その背後に

ご家族の存在を感じる特別な衣装なのだとしみじみ感じます。

ワンピースのように、お嬢様が、気軽に軽やかに決めるものとはちょっと違います。

「背景に家族」というと古臭いイメージでしょうか。





以前ならそう思われた方も多いかもしれません。

大震災、自然災害の多さ、コロナ禍を経て、今、家族を大切に思う気持ちや、

目に見えないものを敬うことの大切さに改めて気が付かされ、

ご家族の一つ一つの節目を、これまで以上に、大切に感じる方が

<