• 佐々木呉服

専門店の振袖の「お仕度」をするということー眼と想いを繋ぐー


第一章 眼と感性を次世代につなぎ育む時間


第二章 専門店だから出きる細やかな事

・でも高いんじゃない?

・お得に「お誂え」も一つの選択肢

・お母さんの振袖をお召しになるとき


第三章 専門店が安心でお得な理由


最終章 まずは大体のご予算と思いをお聞かせ下さい


序章 お嬢様の振袖にどんな思いを重ねていますか?

家族にとって、お嬢様の成人式は、大切な区切りを迎えますが、どんな時間を積み重ねて迎えたいでしょう。


愛らしかった赤ちゃん。それから20年。

色々な思いがよぎります。それが、大人の階段上る~のですから。(笑)


振り袖とは、古来、巫女が袖を振り「降り舞い」を舞って神を呼んだとか。そんな由来を知らなくてもどこか厳かな風情を感じるものです。

お洋服とを選ぶときとは違う時間

振り袖は、お洋服とはちがい、お嬢様が、ご自身の思いで軽やかに決めていくというよりは、


ご家族皆さまで、お嬢様のお顔移りや、御意向を聞きながら、

一つ一つ、大切に、時間を積み重ねながら、

お仕度をする。という時間の過ごし方が出来ます。


振り袖の支度の仕方も色々

支度と言っても、色々なお仕度の方法があります。


まずまっさきに思い浮かぶのは、きっと、

何年も前から送られてくるとお聞きするカタログやDVD。

なんのサービスが受けられるとか、

いつまでにご予約いただければ、とか、

振り袖商戦。なんて言葉もありますが、

色々なサービスが受けられるその方法は、簡単便利。料金も、どこかで帳尻を合わせているのであろうことは、分かりつつ、



そいういう便利なお仕度を好まれる方は、それも、良いのです。


ただ大事だと思えることは、

イベント会社のような仕組みの中の振袖だけが振袖だと思わないでほしいのです。


専門店での振袖のご準備というのは、「お仕度」という言葉がぴったりで、どんなふうに進んでいくかと言いますと。





第一章 専門店でのお仕度は、眼と感性をつないで育む時間。


それは、

品物の色合い、質感、配色、


小物の微妙な合わせ具合で変わる雰囲気に神経を研ぎ澄ませてみる。


大切に丁寧に心血を注ぐような思いで作られたものを



清らかな気持で、一つ一つ、確かめるように感じ取っていく過程。


ご家族で確認しながら、

これ、良いね。すごいね。

どんなのが好み?

どんなのが似合う?

時折意見がぶつかることもあるかもしれません。

それも大切なこと。

そして、笑顔で。

おばあちゃまやおじいちゃまの眼は大切です。



感性をつなぎ、育む時間でもある。


こうして、眼や、想いを感じ取り、感性を育み繋いでいく。大切な機会が

振り袖のお仕度なのではないかと思えます。

・・・

この肌触り。この質感、これが、良いものなんだ。これは素敵だ。これは、あまり好みじゃない。

このくらいだと、このくらいのお値段なんだ。

お値段の違いはこういうところからくるんだ。

・・・




良いものとは。利益追求じゃないからこそ。


そして、これまでに、当店にてお仕度をして下さったご家族様がそうであるように、


成人式ののち、

卒業式や、お友達の結婚式、ご自身の結婚式にて、


または、数十年後、母に作ってもらった振袖を娘に、と、久しぶりに、たとう紙を開けたときでも、


変わらず、あのときと同じように感動するような。やっぱり、良いものは良いなあ。


それは、利益を追求するのではなく、企業維持を最優先に考えた仕組みとは違う、

まっすぐなお仕度だからです。





深い思いを込めて。

その物には、携わった全ての人の深くて強い思いが込められています。



それを感じ取り、ご家族皆さまの、眼と感性をつなぎ、育む、大切な機会が振袖のお仕度には隠れているのではないかと思うこの頃です。














第二章 専門店だから出来る細やかな事。

01 でも、専門店って高いんじゃないかな・・?


いいえ。実は、物の価値からすれば、断然、お得なんです。


良いものが欲しいと思うのなら、振りそで商戦をしていない専門店がお得なのです。




何が得意なお店かを考えることで、見えてくるコト。

専門店の得意な分野は、イベントではなく、良いものを扱うことです。


だから、専門的な眼で、確かなものを、安心にお得に、お求めいただけるのです。


また、ご予算をお聴きしして、その範囲で精一杯少しでも良いものをお見せしたいと奔走いたします。


ただ、苦手なことは、佐々木呉服店の場合ですが、イベントは得意ではありません。展示会や、写真撮影、など、着物以外の部分は苦手です。

そういうのが得意なところも、あると思います。






ただただ、良いものを、ご希望の形に、少しでも添えますように。

かけひきなんてありません。できない性分です。今ご予約頂けたら~とか。もう次回では無くなるかもしれません。とか。

そういうことは苦手です。それに、意味がありません。

真正面からお客様の想いとご予算とに寄り添うのが、当店ならではかもしれません。



02 お得に「お誂え」も一つの選択肢



例えば、身長を気にされる方が結構いらっしゃいます。



これまでにも小柄の方のお振り袖で、ご相談させて頂いたのは、

別注振袖です。お一人の方のために振袖を作るのです。


お誂えだから、高い??

わあ!高そう!と声が聞こえてきそうですが、

そんなことはないんですよ。


 附下のお値段に少しお袖が長くなる分、少しプラス程度でおつくりすることができます。

こちらのお写真も、そうです。


その方の身長のバランスを見て、

文様の大きさを調整して、配置していきます。









本来のお誂えとは、逆に割安なのです。


手作り品というのは、もともと一点一点作るので、誂え、オーダーだからその分高くなるなんてことは無いのです。


必ず行先が決まって作るということは、その分割安になるのが本来なのです。



一方、大量生産、ロット生産で作られたものを、一点だけ作ることは、当然ながら、割高になります。









03 お母さんの振袖をお召しになるとき。

今ご相談が多くなっていますので、

こちらに綴りました。




第三章 少しでも良いものを、買いたいと思うなら、「専門店」が安心でお得な理由

良いものということは、プリントやカタログになるようなな大量生産品ではないということですが、そういうものを扱うときには、「専門的な眼」が大切になります。



厄介なこと

覚えておいてほしいのですが、

今は、インクジェットの振袖も「友禅」と呼ばれます。


違法ではないのですが、

一般の方にとって、着物を一層分かりづらくしているのではないかと危惧します。



専門性って何?


「着物を知らない人が、着物を知らない人に着物を売る。」なんて、言葉をこの業界ではよく耳にしますが、


プリントの着物や利益を考えた着物をどれだけ見ても、眼は鍛えられません。


特にお若い方は、着物の柄と、色しか見ないかもしれませんが、本来の着物は、どんな生地質を使い、どんな染めをしているかで、実は雰囲気が全くことなってくるものなのです。その色に深みがありますか?


日々の仕事が、染や織と向き合うこと


日々、白生地から厳選して、様々な染めを理解し、様々な職人さんの腕のレベルを見てきているから、


白生地、染め、織りを見れば、その適正なお値段、品質のレベルも分かります。



利益優先で作られた着物なのか、


品質優先で作られた着物なのか、

適正なお値段なのか、見れば分かるのです。


ものの見方をお伝えしながら。


そのものの本質を見極める眼を持っていること、

そして、それをきちんとお客様にお伝えできることが、専門性のひとつだと思います。



帯締めや帯揚げもそうです。お値段はぴんきりですが、質もピンきりなんです。

どう違うのか。


適正なお値段なのかどうか、見る眼をもっていること、それをお伝えできることで、安心してお求めいただけることと思います。


最終章 まずは、大体のご予算と、どんな思いやお考えをお持ちなのかお話をお聞かせ下さい。

当店では、写真撮影や、着付け、メークなどのサービスはありませんが、そういう経費が一切かからない分、良い着物をお求めいただけます。




専門的な眼を駆使して、ご予算内で精一杯良いものをおつくりすることができるのです。


「専門店なら、大体このくらいの予算で、どんな振袖のお仕度ができるのだろう?」

「良い振袖って、どういうものをいうのだろう?」

「専門店の振袖を見てみたい」


など、気軽にお声をかけていただければと思います。


相談したら、買わなければならないとか、思う必要はありません。

またお電話がかかってくるなんてこともありません。


「ちょっと入りづらいけれど、出やすいお店」です。(笑)


和やかで、かけがえのない良い時間を重ねていけますように。


準備期間のこと。

何年も前から、カタログやDVD、お電話が、いわゆる振袖店からの営業がすごい(;'∀')とお客様からお聞きするのですが、


焦る必要はありません。ご家族のお考えを軸に、ご家族のペースでと、願います。

 

専門店でのご準備でしたら、1年もあれば十分です。

数年かけて、じっくりお仕度をするのも、良いですし。お着物がお好きな方は、何年も前から少しずつ温めていかれるような方も。



一つ一つ、丁寧に、大切に時間を嵩めてお仕度を整えていくような

そんなお時間となりますように。


女将さんや日本舞踊、お茶など日々着物を着られる方に寄り添う

着物専門店 呉服の佐々木



電話 0776-22-4124

メール お問い合わせ



小さなお店ですので、不在の場合もございます。ご来店の日時を教えていただければと存じます。

相談したら、何かを買わなければならないとか、しつこく電話や訪問があるなど、一切ありません。 安心して気軽にご連絡下さいませ。


トップに戻る・・こちら


お母さまのお振袖で今の香りをと思ったら・・こちら


​ お電話する。

0776-22-4124

10時から18時まで。日曜定休。

​見つけて下さってありがとうございます。

小さくても深いを目指す
着物専門店です。
職人さんのように専門的に
​着物のお手伝いをしたいと思っています。​
​ご連絡お待ちしています。
​呉服の佐々木

福井県福井市大手3丁目12-20​​ホテルフジタ福井1F​

​呉服の佐々木