• 佐々木呉服

初着を七五三にも着るために、ちょっと違うお宮参りの着物。【反物の状態から選ぶ初着】


お宮参りの着物のご準備。

既製品、出来上がり品しかお見掛けしたことがない方が殆どかと思いますが、


佐々木では、

反物の状態や

仕立て上がっていない状態のものを選んで頂くことがあります。



【既製品・仕立て上がり品じゃない初着がなぜ良いか】




目次


(序章)「ハレと褻」の概念が抜けると、本末転倒にっ💦


(第一章)初着を七五三にも活用する。

(第2章) 包み隠さずも大事。


(最終章)【既製品・仕立て上がり品じゃない初着がなぜ良いか】

初着を七五三にも着るには小さい?

窮屈?

そうならないために、当店が専門的ににさせて頂いていること


(序章)本末転倒にならないために。「ハレと褻」


最近の初着事情。写真屋さんで、初着を借りて写真を撮って、


普段着で神社にお参りに行ってきた!


とママ友が話たのを、

苦笑いしながら聞いていたことがあります。





最近は晴れと褻の概念が忘れられ、


「楽で、楽しければ良い。」



でも、

本来、普段着は褻なのです。




褻は穢れに通じる状態だから、


神様にお会いするときには、

晴れ着を着て、


無事に生まれてきたことや、

これからの健やかな成長を神様にお祈りするわけです。



そんなことを知っていると、

人生の門出にできれば親として平服は

避けたいという想いが自然と沸き上がってくるのではないかな?と思えますが

どうでしょう(笑)


第一章 初着を七五三にも利用する。