• 佐々木呉服

赤ちゃんが生まれたら。神聖な「白生地の産着」

こんにちは。男の子二人の母でもある若女将です。

私がお嫁にきたころ、仕立て上がってきたものをみて、釘付けになったものがあります。

それが、白生地の産着です。

「初めてみた。なんて、神々しいお召し物があるのか。しかも、なんて、可愛い・・・。

子供を授かったらこれを着せたい。」

と密やかにつぶやいたのを覚えています。


先々代のころより、宣伝することなく、ひっそりと、着物がお好きなお客様にだけ、おつくりをしてきたものです。


待望の赤ちゃんが生まれたら、可愛くて可愛くて仕方がない。


もしかしたら、産後はちょっと疲れているお母さんもいらっしゃるかもしれません。

(私も二人目のときは、高齢ということもあり、疲弊しました・・・)


でも、そんなときでも、この姿を見ると、エネルギーがわいてきます。

祈りをも感じるような神聖な愛らしさをご紹介します。


少なくなった白生地の産着。


ベビードレスよりも似合うように思うのは、日本人のお肌の色や、お顔立ちからでしょうか。


神聖で祈りさえ感じる。

日本人の肌の色や、お顔立ちからなのか、


白いベビードレスよりも

お顔がきれいに映るような気がします。

違和感がないんです。



古来、白は神聖な色でした。

一生は白で始まり、白で終わるとも言われます。


まだ自我の芽生えていない赤ちゃんは、

清浄な白がまぶしいほど似あいます。


祈りを感じるような神聖な愛らしさ。


しかも、生後から、2歳ころまで長く、お使いいただけます。


オンラインショップでもご紹介しております。→☆こちら


神聖な愛らしさ。伝えたい5つのこと

目次

①ベビードレス以上に着る機会が多い!

②男の子には一つ紋

 女の子は紋なしで、うっすらピンクに染めます

③寒い季節も大丈夫。

④ペラペラな絹は使いません。

⑥愛らしい赤ちゃんの着物姿が消えませんように。


白生地の産着

【商品番号31-4】白生地の産着




First Silk01

たくさんの機会

①ベビードレス以上に着る機会がたくさん

素敵だけど、きる機会がなさそうかな??


と思われるかもしれませんが、そんなことないんです。

ちょうど、生まれてから2年間ほどは、行事がいっぱい。

意外と着る機会がたくさんある時期になります。


そして、目覚ましい成長をとげて、くるくると変わる愛らしい姿に目が離せない時期でもあります。そして、ご両家がそろったり、人が集う機会も多い時期です。

そんな時に。




しかも、ベビードレスと違い、着物の良い点は、伸縮自在。




【年齢別の着る機会】をご紹介します

肩上げ腰上げせず、そのままのサイズで使うとき

①産院から退院されるお祝いの時。

②初宮参りのとき。

お食い初め。命名式。などなど


 通常の初着(かけ着)の下に、白生地の着物をきます。

 ベビードレス代わりですが、初着の下に、白生地の着物は、実は、一番正式な装いになります。




子供は大きくなりましたが、今も、この写真を見れば、心なごみ、目じりが下がります。



お宮参りの写真は、我が家では、

・初着をかけた姿と、

・白生地の写真


二つとりました。


そして、リビングにずっと飾っているのは、どちらかというと、白生地の着物の写真です(笑)


初着は、七五三のときにも使えますが、


白生地は赤ちゃんらしい香りが漂って、つい、お写真に目がいきます。







よちよち歩き出したら、腰上げ・肩上げをして


〇節目節目のお祝いの時に。


お誕生日

初節句

お正月

などなど。


〇お子様の体格や成長にもよりますが、おおむね2歳ころまで着られます。

 

ご親族の結婚式などあれば、人気者まちがいなしです(笑)。


汚れは気になさらず、ドンドン、お着せ下さることをお勧めしています。

行動範囲がまだ狭いので、意外と、汚れないかと思いますが、

汚れたら、染み抜きで大丈夫です。







First Silk 02

加工のこと

男の子は一つ紋を入れて。女の子は、白生地をうっすらピンクに染めます。(加工のこと)
男児は後ろに家紋をいれます。女の子は家紋は入れず、美しいピンクに染めます

男の子は、袖なしもにも、着物にも、家紋をお入れします。

家紋を入れるということ


お写真はきものの後ろです。

男の子には、後ろに家紋をお入れさせて頂いています。


着物にも、袖なしにも家紋が入ります。


この着物に家紋を入れるということが、すごく大事で尊いことに想える最近です。


レンタルの着物では、貼り紋だったり、あたりさわりのない紋が付いてたりします。


自分の家の紋を、考えるときって、あまり多くないこのご時世だからこそ。


命を繋いでいく象徴にも思えてきます。



女児 産着 美しい淡いピンクに染めます

女の子は、着物も袖なしも。うっすらピンク

白生地を京都にて、ピンクに染めます。紋は、強く当たるので、入れておりませんが、ご希望の場合は、お入れさせて頂きます。上の写真は、(着物)の方です。



綿入り袖なしも、同じ生地で、うっすらピンクに染め上げます。


中に、ふんわりと綿をいれていますます。



そして、着物を着せた時の周りの方の反応を見て頂ければ、やっぱり、大人気(笑)…





FirstSilk 03

着心地や仕立てのこと