• 佐々木呉服

赤ちゃんが生まれたら。神聖な「白生地の産着」

こんにちは。男の子二人の母でもある若女将です。

私がお嫁にきたころ、仕立て上がってきたものをみて、釘付けになったものがあります。

それが、白生地の産着です。

「初めてみた。なんて、神々しいお召し物があるのか。しかも、なんて、可愛い・・・。

子供を授かったらこれを着せたい。」

と密やかにつぶやいたのを覚えています。


先々代のころより、宣伝することなく、ひっそりと、着物がお好きなお客様にだけ、おつくりをしてきたものです。


待望の赤ちゃんが生まれたら、可愛くて可愛くて仕方がない。


もしかしたら、産後はちょっと疲れているお母さんもいらっしゃるかもしれません。

(私も二人目のときは、高齢ということもあり、疲弊しました・・・)


でも、そんなときでも、この姿を見ると、エネルギーがわいてきます。

祈りをも感じるような神聖な愛らしさをご紹介します。


少なくなった白生地の産着。


ベビードレスよりも似合うように思うのは、日本人のお肌の色や、お顔立ちからでしょうか。


神聖で祈りさえ感じる。

日本人の肌の色や、お顔立ちからなのか、


白いベビードレスよりも

お顔がきれいに映るような気がします。

違和感がないんです。



古来、白は神聖な色でした。

一生は白で始まり、白で終わるとも言われます。


まだ自我の芽生えていない赤ちゃんは、

清浄な白がまぶしいほど似あいます。


祈りを感じるような神聖な愛らしさ。


しかも、生後から、2歳ころまで長く、お使いいただけます。


オンラインショップでもご紹介しております。→☆こちら


神聖な愛らしさ。伝えたい5つのこと

目次

①ベビードレス以上に着る機会が多い!

②男の子には一つ紋

 女の子は紋なしで、うっすらピンクに染めます

③寒い季節も大丈夫。

④ペラペラな絹は使いません。

⑥愛らしい赤ちゃんの着物姿が消えませんように。


白生地の産着

【商品番号31-4】白生地の産着