• 佐々木呉服

不祝儀用の色無地のこと

ちょうど今、色無地をいくつかご準備させて頂いていることもあり、ちょうど良い機会なので色無地について思うところを書いてみようと思います。


まずは、当店の色無地を、2つあげてみました。

不祝儀用として使うのは、それぞれ〇?×?どちらだと思われますか?


答えは、少し待って下さいね。

どうしてこんな記事を書こうと思ったかというと、


時折、


派手な色だったり、ラメ入りの色無地とか。。

おみかけするんです。お手入れでお預かりすることもあります。


それとなしにお聞きすれば

「お通夜用にも、街着としても着られるからと言われて買ったんです。」

「普段用の着物だけど、お通夜にも着られますから買っておいて損はないですと強くすすめられて断れなかった・・・」とか💦



たしかに、そういうグレーゾーン。どちらにもいけるものもありますが、


明らかに、ラメ入りは、、どうでしょうか。。。


ちなみに、不祝儀用の色無地は、一つ紋を入れ、色喪服とも呼ばれます。

こちら福井では、お通夜のとき、法事のときに使われます。



もし、派手なお色ものものでも、

ご家族が自分のために誂えてくれた色無地なら、そのままお使いいただくのが一番だと思えます。また時代によっては、寒色でも目がさめるような派手な色を着ていた時代もあるようですから。



これからご準備されるという方のために、参考になれば~との思いで綴ることにしました。



時代は変わっても、不祝儀のときの悲しみは変わりません。

一番は、誰が見てもです。それが一番間違いないように感じます。



だから着物は難しい?


いいえ。お洋服でも同じです。


アクセサリーは?鞄は?くつは?肌を露出させすぎないように。


人生の一番繊細で敏感になるとき。それは、着物もお洋服も同じに思えます。



では写真で見ていきましょう!

◎不祝儀用の色無地は、基本、地味な色の寒色系。地紋があっても良いのですが、おめでたい吉祥柄の地紋は避けます。



まずは、こちら。

どう思われますか?


お色は、なんと表現すればいいか。

ピンクよりの藤色といいますか・・・。

地紋が見えます。


答えは

「×」なんです。