• 佐々木呉服

訪問着ですか?色留袖ですか?

いろいろなお客様から、

お手入れやお直しについてのご相談を、とても多く頂戴します。


そうすると、自然と、ほかのお店,呉服屋さんで、

どのように言われて、購入されたか、とか、

どのようなお仕立てをされているか、

どのような素材を使われているか、

どのランクの着物か・・とか


否応なく、見えてくるのですが。



よくあるのは、裏が化繊のものだったり、いろいろと見えてくるものがあります。



最近、特に多いなあと思っている事例をご紹介させていただこうと思います。


とても勿体ないと思うからです。



「色留なのですが、寸法や合わせる帯、小物を見てほしい」



と言われて、見えてくることなんですが、何かといいますと・・。




(写真はイメージです)


着物を拝見させていただくと、一番問題なのは、寸法や合わせる小物、帯よりも、


色留ではない「色留」であることです。

どういうことかと言いますと、



「柄付け」:色留です。


「紋」:一つ紋;薄い色の目立たない縫い紋・・本来は抜き紋です。


「比翼」:ついていない


「お店の方に言われたこと」

:色留だと、着る場が限られるので、比翼をつけずに、訪問着としても着られるようにすれば、着られる場が増えます。



このパターンがとても多いんです。


一見すると、「うーーん。そうか!」とも思えます。

また、雑誌や、人によっては、

比翼に見えるように白い重ね衿をして、色留めに近い形にもなるし、

訪問着に近い形で、着ることもできる。


と見聞きいたします。


着物は着るものということであり、必ず正解を着る必要はありませんが、



正解を着ることが大切な機会も、あります。





考えに正解はありません。着るものですから。


でも、一度、考えてみましょう。


色留を・・と思うときは、


親族として結婚式に参列する。