top of page
真綿の結城紬のショール

秋も深まり、日ごとに冬へと近づくころ、

ちょうど、結城紬の真綿ショールが織り上がってきました。

 

しかも、うれしいのが、高機の手織りなんですよ。

お着物がお好きな方であれば、結城紬の高機、お分かりになるかと思います。

ようは、手織りということです。

じっっくりと、眺めてみれば、確かに、ふっくら真綿の糸が、きれいに、几帳面に織りあげられていて、とても美しいです。

 

この真綿が、空気を含みとても軽くてあたたかいです。

そして、

絹ならではの艶感が、また上品さをまといます。

 

・・

ショールは、柄物だとちょっと合わせるのが難しく、

無地では、ちょっと、ツマラナイ。と思ったりしませんか?

 

 

今年のショールは、そのいい塩梅。

お顔の見えるところは、

薄いきれいなお色で、背中に向けて、濃い色へのグラデーションと変化をたのしめます。

 

背中からは、元気なビタミンカラーのピンク。

魔は背中から入ると言われ、帯のお太鼓は魔除けであると、

帯のメーカーの社長がおしゃってましたが、

更に、ビタミンカラーで魔除けに通じそうです。

 

そして、お顔回りは、優しいピンク、白へと近づいていくピンクと、いい塩梅です。

 

 

〇送料無料です

〇65×182cm(フリンジをのぞく)

〇約360g

〇絹100%

〇生産地 茨木県

真綿の結城紬のショール

¥0価格
消費税込み

    関連商品

    bottom of page