奥床しい風情を作る「夏名古屋帯」

1.帯芯に波を描くことで、表地からうっすらと映る奥床しい風情を作っています。

 

 

2.お太鼓の文様は、光悦 舟橋蒔絵硯箱より

 

 

3.前の文様について

 

お着物でお客様をお迎えするようなことを考えて、波の線を数本だけ、さらりと数本だけ描いてもらうことにしました。

前の部分も、帯芯に銀色で波がうっすらと映るようになっています。

そのうっすらと映る銀色の波のなか、表地に描かれた数本の白抜きの波が、あっさりと映えます。

 

 

奥床しい風情を作る「夏名古屋帯」

¥0価格
  • 在庫状況

    ・在庫はありませんが、特別な事情がない限り、誂えが可能な商品です。一度お問い合わせ頂けたらと存じます。

    メールまたは、お電話にてお気軽にどうぞ。

​ お電話する。

0776-22-4124

10時から18時まで。日曜定休。

​見つけて下さってありがとうございます。

小さくても深いを目指す
着物専門店です。
職人さんのように専門的に
​着物のお手伝いをしたいと思っています。​
​ご連絡お待ちしています。
​呉服の佐々木

福井県福井市大手3丁目12-20​​ホテルフジタ福井1F​

​呉服の佐々木