top of page
榀布(藍4本縞・格子)名古屋帯

夏の強い味方。これさえあれば♪

猛暑が続くようになりました。

それでも、夏のゆかた姿や着物姿はやっぱり素敵です。

ちょっと、大切な方とお会いするときなど、着物を着て行こう、という時があるかと思います。あってほしいなあと思います。

 

どんなに暑くても、

半巾帯ではなく、少しきちっと感が欲しい。

そんなときにぴったりな帯のご紹介です。

 

少しでも涼しくて楽でありたい・・です。よね。

 

私、若女将の夏の帯の中で、大活躍している帯が、実は、ダントツでしな布の名古屋帯になります。

 

しな布の活躍

point01

〇汗に強いしな布の名古屋帯は、夏の強い味方の帯

夏はたくさん汗をかきますが、

しな布は、しなの木の芯皮を糸に紡いでいるものなので、植物です。

絹とは異なり、汗を大量にかいたときも、汗じみが気になったり、汗のお手入れが・・

なんてことを気にする必要がありません。

 

逆に乾燥に弱いくらいなので、汗をかくことで、固かった繊維が柔らかくなり、締め心地が良くなります。だから、汗をかくほうが、帯にはやさしいんです(笑)。

 

しな布の活躍

point02

〇お手入れが楽ちん。着付けも楽ちん。

 

基本のお手入れは皺伸ばしくらいです。

 

特別何か、汚れが付いた。などの場合は別ですが、私も、もう10年以上愛用していますが、特別なお手入れはしていません。

汚れも目立ちませんし、

それでいて、香りは、自然の樹木の香りなんですから。活躍しないはずがない(笑)。

 

しな布がほしいと思われる方は、ご自分で着物を着られる方が多いのではないかと思うのですが、「張り」があるので、初心者さんでも、着付けが楽です。

そして、

少しゆるりと帯を締めても、形が決まるのも、魅力の一つかもしれません。

芯も入りませんので、涼しくて、涼し気です。

 

見た目だけでなく、身に着けている本人も涼しいって魅力ですよね。

それでいて、芭蕉布などのような、なかなか手が出ないお値段ではないところも、魅力です。

 

しな布の

活躍point03

〇器の多さ(合わせやすくて、着物初心者さんだって、簡単に風情たっぷりな装いに)

合わせるのは、たれものの附下や訪問着などでなければ、大体、合わせられます。

格さえ合っていれば、あとは、お色や柄などはあまり考えなくても、

ちゃんと、しな布のざっくりとした風情が、着物を素敵に受け止めてくれます。

 

そして、夏の着物から、少し上等な浴衣まで◎。

(一番最後のお写真は、若女将の私ですが、絹紅梅に私のしな布の帯を合わせています)

 

今回ご紹介のしな布の

活躍point04

無地のしな布は、よくお見掛けするので、少し、ひとひねりほしい・・そんな方に。

今回ご紹介の藍で染めた糸を織り込んだ「格子柄」。

 

私のしな布の帯も、実は無地ではありません。少し柄が入っていて、ひねりがあるので、とても重宝しています。

 

こちらのお写真のしな布の帯は、藍で染めた糸を織りこんでいます。

榀の色だけの無地の帯も、素材感で十分素敵なのですが、単調になりがちなところ、更に、深みと味わいが深まり、一層素敵な帯です。

 

藍ですが、実際には、榀のお色に染めていることもあり、黒っぽく見え、榀のお色と黒の格子に見えます。

 

〇榀糸織り(説明)

榀の木の芯皮を糸に紡いで原料にしています。

織機は、明治以前のいざり機で、織るときにたて糸・よこ糸ともに水に濡らして追っています。

 

◎当店は、オンラインショップで、ぽちっと、お買い物をして頂くというよりも、

メール、ライン、またはお電話などで、

気になることや、ご質問、お仕立ての仕方など、細かくお話をさせていただいた上でお求めいただいております。

 

◎お値段は税込みです。

◎お仕立て代は別になります。

◎送料は無料です。

 

気になることは、何なりとお気軽にお聞きくださいませ。

 

日々着物専門店

お問合せ先 0776-22-4124

お問合せページはこちら

 

 

榀布(藍4本縞・格子)名古屋帯

¥0価格
消費税込み

    関連商品

    bottom of page