タイ王室御用達工房籠 +縞 紬地巾着(日本製)

「縞」がかっこいい巾着です。

色合いも渋くて粋と風情が漂います。

 

こうやって実際に着物に合わせて持って見ると、

竹のお色にほんのり赤茶ががったのお色の籠と、渋くて粋な巾着との組み合わせは、

着物やゆかたの風情を上げるものだと、しみじみ眺めています。

 

サイズは、少し大きめ(サイズは下に書いてあります)で、

 

A4サイズが何とか入る感じです。(お写真にA4の紙を入れたものを挙げています)

 

***

 

今年はコロナ禍や情勢の関係からか、タイの工房から京都に届いた数も僅かだったとか。

 

その中でも、より素敵なものを選んできました。

 

 

【フォルムが美しいワケ】

毎年人気のこちらの籠バッグは、何といっても、持ち手の先が細くなったフォームが繊細さを醸し出して、素敵なんです。

 

なかなかこういうフォルムのものって少ないように思います。

 

それもそのはずで、緑豊かなバンコクの郊外にある工房で女性を中心とした職人さんにより、一つ一つ丁寧な手仕事で編まれています。

 

タイ王室が国賓への寄贈品として、こちらの工房のお品が選ばれるほどの高度な技術を有した工房なんです。

 

 

竹を糸のように細く裂き、織物のように細かく編んであるのも、気品を帯びた繊細さを醸し出します。

 

 

そして、随所にみられる飾りの編みも美しいんですよ。見てみてください。

 

持ち手、持ち手のつなぎの部分などお写真に上げましたのでご覧いただけたらと思います。

 

【そして巾着のこと】

 

巾着は、日本製で、紬地(絹)を用いています。

巾着の渋さと竹に少し赤茶ががったお色がよくなじんでいて、素敵なんです。

 

例年だと

夏らしい素材の薄手地の巾着が多いのですが、

 

今年は、真夏だけでなく、長く愛用できるようにと、

 

少し厚めの生地を用いたことにより、日差しを感じるころから、

お使いいただけるようになりました!

 

巾着にはスリットがあり、紐をほどくことなく、出し入れができるように工夫されているのも便利です。

 

【お値段のこと】

 

籠といえば、

日本製の竹篭も素敵なんですが、お値段的にももっともっと、お高いです。

 

そこまででもなく、でも、毎年買い替えなければならないようなチープ感が漂うのも、ちょっと・・・。と思われる方も多いようで、

 

 

こちらの工房が作る籠は、それらのちょうど中間層のお値段。

それでいて、それ以上の丁寧な作りが毎年人気の理由です。


 

 

竹らしい素材のお色と、紬の巾着が何とも味のある雰囲気になっています。

 

もちろん、お洋服のときにもお使いくださいませ。


*****

サイズ【大】 横30cm・幅10㎝・高さ21㎝ 

 

サイズ小と比べて、高さがあり、A4サイズは、すっぽりとは言えませんが、何とか入る大きさです。

(参考:サイズ小横32.5cm・幅10㎝・高さ18㎝)

 

料金 ¥66,000(税込み)

 

素材色  竹らしいお色 

巾着 紬 日本製 絹100%

籠 タイ製

 

送料は無料になります。メール、ライン、お電話、カートがお使いいただけます。お支払いはお振込みになります。

タイ王室御用達工房籠 +縞 紬地巾着(日本製)

¥66,000価格