• 佐々木呉服

着物を着る時の基本の「き」


 「 思い出した!。」

先日、お茶をされているお客様との会話の中で、ふと、

遠い昔に覚えた「違和感」。


■水で汚れる??

 「水に濡れたら、そのまま、乾くだけじゃないの?」

 「え?水でも、シミになるの?」

 お洋服の感覚だと、お水で、ジャブジャブ洗うので、

 水がシミになるなんて、ピンと来ないのは、今の人ならでは。

 でも、着物は違うのです。

 着物の世界では、当たり前の事で、

 私もすっかり、その違和感を忘れていましたが、

 その違和感、すごく、気持ちが分かります(笑)

 着物と言っても、紬だと、水シミは、目立ちにくくなります。

 紬を着ている時は、

 お皿洗いだって、お水を使ったお掃除だって、へっちゃら。

 そんなに、気を使いません。(と言っても、適度がありますが)

 しかし、いわゆる「たれもの」と呼ばれる着物は、

 水シミが・・。大変です。たれものとは、ざっくり言えば、紬ではない着物のこと。

 だから、

■手を洗うときは、お袖(たもと)を帯の中に、キュッと入れて、

邪魔にならないように。

■手を洗う前に、ハンカチを用意する。

■水が飛ばないように、水道からできるだけはなれて、そっと、手を洗う。

■パールトンなど、水をはじく加工をすることもできますが、

 (染め替えや、ほか、色々な理由から、しないほうが良い場合もあるため、お店の方と相談することが大切です) 

■着物についた汚れを水で取ろうとしない。

■飲食店のお絞りで、着物の汚れを取ろとするのも、悪化させるので、要注意です。

水でシミになるということは、

着物を着る世界では、当たり前なのですが、

あたり前すぎて、あまり、周りから言われることがなく、

知らない方がいらっしゃったので、(そうかも)。

書いてみました。

ちょっと面倒かもしれませんが、

汚れないように気を付ける仕草や気配りが、

美しさに繋がるのかもしれませんね。

本日は、基本の「き」でしたが、とても大切なことを書いていみました。

早く夏休みが終わってほしいと思う、男児二人の母、若女将でした。

日々着物専門店 「呉服の佐々木」


​ お電話する。

0776-22-4124

10時から18時まで。日曜定休。

​見つけて下さってありがとうございます。

小さくても深いを目指す
着物専門店です。
職人さんのように専門的に
​着物のお手伝いをしたいと思っています。​
​ご連絡お待ちしています。
​呉服の佐々木

福井県福井市大手3丁目12-20​​ホテルフジタ福井1F​

​呉服の佐々木