• 佐々木呉服

洗い張りも、手間をかけて。


はじめての記事は、洗い張りについてです。

きものを着尽くして、生地がへたってきたり、くすんできたら、洗い張りの出番です。

本や雑誌などでは、よく、

洗い張りをすれば、あら不思議、きれいに蘇る♪と

ただ、一言書いてあるだけの場合が多いので、

みなさんは、

業者にて洗い張りをしたら、仕立て直してして、納品。

と簡単に思われるかもしれません。

実際には、そういう流れの呉服屋さんが多いのではないかと思いますが、

ささ木流は少し、違います。


きちっと、丁寧に洗い張りの作業を行おうとすると、そんなに

単純ではありません。

専門的な眼と、手間がかかる複雑な作業。

ささ木では、日々、とことん、気尽くすまで、着尽くすお客様が多いので、

反物一つ一つ、抱えているトラブルが違います。

やけがないか(色の退色)、取りきれていない汚れ、やぶれ、

すりきれなど、状態に応じて、

洗い張りのあとには、どんな加工が必要かを、一点一点、確認します。

写真は、ちょうど、店主が一点ずつ確認中です。

場合によっては、仕立て方を微妙に変えたり、

染めをかけたりなど。

きちっと、きれいに、長く着続けられるためには、

必要な加工が何かを判断し、手配していきます。


これが、地味ではありますが、意外と、手間がかかるし、着物について、和裁について、クリーニングについて理解していないと、できない専門的な作業でもあります。

私たちは、きものパーティや、○○会♪など、自分たちが前に出ていく

タイプではありませんが、

地味でありながらも、職人のように、専門的な視点で、

きものを着て活躍される方を支えるお店でありたいと、そう願っています。

記念すべき?第1回目の記事は専門的な洗い張りについて、若女将がレポートしました。

#手入れ

​ お電話する。

0776-22-4124

10時から18時まで。日曜定休。

​見つけて下さってありがとうございます。

小さくても深いを目指す
着物専門店です。
職人さんのように専門的に
​着物のお手伝いをしたいと思っています。​
​ご連絡お待ちしています。
​呉服の佐々木

福井県福井市大手3丁目12-20​​ホテルフジタ福井1F​

​呉服の佐々木